ニュース

ハノイビール

投稿者 :VietKau on

ハノイビール

今回は、ベトナムのビール業界に大きな変化が起きているニュースをお届けします。特にハノイビール(Bia Hà Nội)が直面している財務上の困難に焦点を当ててみましょう。 ハノイビールの利益、大幅減少の背景 2023年、ハノイビール(正式にはHabeco - BHN)の税後利益が30%減少し、15年来の低水準にまで落ち込みました。この減少の主な原因は、地方政府によるアルコール濃度の厳格な管理強化による消費者の購買力の減少です。 ベトナムにおける飲酒運転の事情とその規制 ベトナムでは、近年、飲酒運転に対する社会的認識が高まり、政府は厳しい規制を導入しています。特に、Nghị định 100という法令は、飲酒運転に対して厳格な罰則を設けており、これがアルコール消費の減少につながっています。安全な道路環境の促進と公衆衛生の向上は、政府の優先事項となっています。 最近の財務報告の概要 2023年第4四半期のHabecoの売上は約2,246億ドンで、前年同期比約9%の減少を示しています。経営陣は、年末に向けてのアルコール濃度の厳格な管理の強化が売上減少の主な原因であると説明しています。さらに、社会経済の不安定さとビール市場の激しい競争も、売上低下に影響を与えています。 2023年の全体的な財務成績 全体として、Habecoの2023年の前税利益は89億ドンで、前年同期比7%減少しました。しかし、企業所得税のコストが減少したため、税後利益は23%増加しました。年間累計では、同社の売上は約7,760億ドン、税後利益は355億ドンで、それぞれ前年比で約8%、30%の減少となりました。2021年のパンデミックのピーク時を除くと、これは2008年以来の最低利益水準です。それでも、この数値は年間利益計画の60%を上回っています。 業界全体の状況 ハノイビールだけでなく、ビール業界全体も業績が後退しています。ハノイ-ハイズオンビール(HAD)は、2023年の最後の四半期に損失を報告し、年間利益はほぼ半減しました。これは、原材料コストの上昇と販売量の大幅な減少が原因です。また、ハノイのウォッカを所有するHalico(HNR)は、コスト増加にもかかわらず売上が減少し、8年連続で赤字を報告しました。 さらに、特別消費税法が改正され、アルコールおよびビールに対する税率の計算方法と調整が変更される可能性があるため、企業の状況はさらに厳しくなると予想されます。 テト(旧正月)の影響 今年のテト期間中、小売店、代理店、スーパーマーケットがビールを大量にストックすることはありませんでした。多くの企業はプロモーションを強化し、割引を増やして販売価格を下げましたが、一般的に購買力はかなり低下しています。 このように、ベトナムのビール業界は現在、困難な時期を迎えています。消費者行動の変化、市場の競争の激化、そして何よりも国のアルコール消費に関する厳格な政策が、業界全体に大きな影響を及ぼしているのです。

続きを読む →

ベトナムでの日本企業のビジネス拡大   

投稿者 :VietKau on

ベトナムでの日本企業のビジネス拡大   

ベトナムでの日本企業の動向についての最新の情報をお届けします。VNEXPRESSの記事よると、日本貿易振興機構(Jetro)が最近発表した2023年度の海外投資日本企業の実態調査で、日本の多くの企業がベトナムでの事業拡大を計画しています。 この調査は、2023年8月21日から9月20日にかけて行われ、その結果が興味深いデータとなっています。 なんと56.7%の日本企業が、今後1~2年以内にベトナムでの事業拡大を計画していると回答しました。これは、東南アジアの国々の中でラオスに次いで2番目に高い割合です。ただし、この数値は2022年の調査結果に比べて3.3ポイントの減少を示しており、ベトナムは東南アジアの主要6カ国の中で事業拡大を計画している割合が減少した唯一の国となりました。 しかし、アジア太平洋地域全体を見ると、ベトナムでの事業拡大を計画している日本企業の割合はインド、バングラデシュ、ラオスに続き高い位置にあります。業種別に見ると、製造業では47.1%、非製造業では65.5%の企業が活動の拡大を希望しており、特筆すべきはベトナムで事業を行っている日本の小売業は100%が拡大計画を持っているということです。 Jetroのホーチミン市代表、松本信之氏は、ベトナムの国内市場を拡大し、市場を獲得しようとする日本企業の割合の増加と、情報技術企業の投資傾向の強まりに注目していると述べています。日本企業はベトナムの市場の成長性、将来の可能性、政治的社会的安定性、そして低い労働コストを魅力的と評価しています。しかし、行政手続きの複雑さ、労働コストの上昇、未完成の法律システムや運用の不透明さなどのリスクも指摘されています。 2023年、ベトナムで事業を行っている日本企業の54.3%が利益を出すと見込まれていますが、これは東南アジア平均より6.6ポイント低いです。原因としては、国内外の需要の減少、労働コストと原材料コストの上昇、激しい競争が挙げられます。2024年には、半数の企業が利益が改善すると予想されています。 昨年、ベトナムでの日本企業の国内調達率は41.9%に上昇しました。Jetroは、日本企業が地元調達を促進する強い動機を持ち続けており、サポート産業のさらなる発展を期待しています。松本氏は、「専門技術を持つ高いスキルの人材、例えば専門のエンジニアが今後重要な問題になる」と助言しています。 ベトナム総統府の統計によると、日本の投資家は2023年に約6.57億米ドルをベトナムに投資し、年間投資総額の17.9%を占め、2022年比で37.3%増加しました。これにより、日本はベトナムへの投資国として2位にランクされています。 ベトナムの市場はまだまだ可能性を秘めており、様々な業種の日本企業にとって有望な展開が期待できそうです。今後もベトナムでの日本企業の動きに注目していきましょう。

続きを読む →

2023年ベトナム企業環境の動向:挑戦と展望

投稿者 :VietKau on

2023年ベトナム企業環境の動向:挑戦と展望

ほとんどのベトナム企業にとって、 2023 年は非常に困難な1年でした。  1. 経済状況の現状 1.1 持続するネガティブな見通し: 民間セクター開発委員会とVnExpressの調査によると、約70%の企業が過去1年間の経済状況を「ネガティブ」または「非常にネガティブ」と評価。特にホーチミン市でこの傾向が顕著。 1.2 事業の縮小: 2023年 、約73%の企業が事業を縮小または停止する予定だった。 2. 企業の運営規模の見通し 2.1 労働力の削減: 事業を継続する企業のうち、約60%が労働力を5%以上削減する予定だった。15%以上の企業が従業員数を半分に削減。 2.2 収入の減少: 60%以上の企業が収入減少を予想。主な困難は受注減少、キャッシュフローの問題、事務手続きの完了、融資への障害。 3. 政府の支援策とその効果 3.1 政府の介入: 付加価値税(VAT)2%の引き下げ、法人税や地代の優遇措置、市場より2%ポイント低い金利の融資提供。 3.2 改善された見通し: 昨年4月の調査と比較して、企業の見通しは全分野で改善。景気に明るい見通しを持つ企業の割合が2.7倍に増加。 4. 企業の対応策 4.1 人件費削減: ナビゴス・サーチの調査によると、70%近くの企業が人件費削減を選択。53%は新規採用を中止。 4.2 業界別の影響: 銀行、運輸、建築資材、医薬品、保険、ヘルスケア関連企業は従業員の25%未満を解雇。金融、証券、アパレル、履物企業は25〜50%の従業員削減。建設会社と不動産会社の10%は50~75%の従業員解雇。 5. 企業回復に向けた展望 5.1 政府の更なる支援: 法人税を20%から18%、最終的には15%に引き下げる提案。インセンティブ利子融資の増加、行政手続きの簡素化を目指す。 ベトナム企業界は、現在厳しい経済状況に直面していますが、政府の支援策と業界の適応力により、徐々に回復の兆しを見せています。このような時期こそ、新たな戦略と変革が求められるとき。企業の皆さんは、この情報を参考にしながら、これからのビジネス展開を計画してみてはいかがでしょうか。

続きを読む →

ベトナム国内のコーヒー価格が新たな最高値に!

投稿者 :VietKau on

ベトナム国内のコーヒー価格が新たな最高値に!

コーヒー愛好家にとっては気になるニュースが飛び込んできました。2024年1月17日、ベトナム国内のコーヒー価格が1kgあたり72,500ドン(約330円)という、これまでにない高値を記録しました。この価格は、前日に比べてわずかに2%上昇しただけでなく、昨年初頭と比べても驚異的な86%の増加です。2023年6月からは、価格が3度目のピークを迎えています。 私はコーヒーが大好きで1日二杯は必ず飲んでいるのですが、ベトナムに住んでいる限りカフェのコーヒーの価格が上がっている感じはしないかなという印象です。 このような価格の急上昇の背景には、いくつかの要因があります。ベトナムコーヒー・カカオ協会によれば、主な原因はアジアからの供給不足と、スエズ運河を通る物流ルートの問題です。特に紅海での緊張が、物流コストを1,000-2,000USD(約11万-22万円)高騰させています。 国内市場では、ベトナム中部タイグエン高原の主要なコーヒー生産地域であるダクラク、ダクノン、ガイライ、コントゥムで、商人たちが積極的にコーヒーを買い付けています。例えば、ダクラクの農家であるタイン・ホア氏は、毎日4-5人の商人から7トンのコーヒーを高価で買い取る申し出を受けていますが、テト(旧正月)が過ぎるまで待つと言います。 国際市場でも、ベトナムコーヒーの価格は上昇傾向にあります。ベトナムは世界第2位のコーヒー輸出国で、特にヨーロッパで消費されるロブスタ種コーヒーの多くがベトナムから輸入されています。専門家によると、今年も価格の上昇が続く可能性が高く、世界最高値に達するかもしれません。 気候変動の影響も見逃せません。2023年6月、エルニーニョ現象の発生によって世界中のコーヒー生産地域が影響を受け、価格は39,000ドン(約180円)から67,000ドン(約300円)へと大幅に上昇しました。その後も供給が減少し、さらに価格が上がりました。 この状況は、世界のコーヒー市場にも波及しています。ロンドン市場ではロブスタ種コーヒーの価格が1トンあたり2,792-3,141USD(約31万-35万円)に上昇し、ニューヨーク市場でもアラビカ種コーヒーの価格が上昇しています。 在庫の減少も懸念されています。ICEロンドンのデータによると、2023年9月以降、ロブスタ種コーヒーの在庫が過去最低水準にあり、アメリカ農務省(USDA)は2023-2024年度のロブスタ種コーヒーの生産量が2年連続で減少し、近年4年間で最低となる74.1百万袋になると予測しています。 こうした国際市場の動向は、日本のコーヒー輸入にも影響を与えています。日本は世界の中でもトップクラスのコーヒー消費国であり、特にベトナム、ブラジル、コロンビア、エチオピア、ホンジュラスといった国々からの輸入に依存しています。価格の上昇は、日本のコーヒー愛好家の財布にも影響を及ぼすかもしれません。 このように、コーヒー価格の上昇は、気候変動、国際的な物流の問題、そして各国の生産状況など、さまざまな要因によって引き起こされています。コーヒー愛好家の私もコーヒーの値段が上がるか注意深く見守っていきたいです。

続きを読む →

2023年 ベトナムの米輸出が史上最高を記録

投稿者 :VietKau on

2023年 ベトナムの米輸出が史上最高を記録

2023年、ベトナムの米の輸出量は、過去最高となる813万トンに達し、その価値は47億米ドルに上りました。ベトナムの米産業にとって、記録的な数字になりましあた。 この数字は、2022年と比較して、米の輸出量は14.4%増、額は35.3%増加しました。 ベトナムは実は、世界第5位の米生産国であり、生産量に基づいては、世界第3位の輸出国なんです。エルニーニョの影響を受けながらも、ベトナムの米輸出量は大幅に増加しました。 ベトナムの米輸出は、2023年7月にインド政府が非バスマティ白米の輸出を禁止したことを受けて、急増していました。現在、この禁輸措置はまだ解除されておらず、2024年の米輸出はさらにベトナムの米の輸出は伸びるのではないかと予想されています。 現在、インドは全世界の米輸出量の約40%を占めています。その主要顧客にはイラン、サウジアラビア、中国が含まれます。また、いくつかのアフリカ諸国は、この南アジアの国からの米に大きく依存しています。 今年は、多くの国がベトナムからの米の輸入を2倍から28倍まで増加させています。フィリピンはベトナムの最大の米輸入国で、310万トン以上を輸入しています。インドネシアは約115万トン、中国は90万8000トン以上、ガーナは約57万6000トンなどを輸入しています。 ベトナムにある米輸出企業の社長は、2023年は輸入国からの需要が高まる年であると評価しています。特に、以前は少量のベトナム産米しか輸入していなかった国々も、現在は大量に購入しています。 2024年の展望について、企業は米輸出に対して楽観的です。輸入国は安定した供給源を求めており、インドは選挙後も米の輸出制限を継続する可能性があります。また、エルニーニョ現象の影響は今年の半ばまで続く可能性があります。 ベトナムの米業界にとって、これらの成果は世界市場での存在感を高め、国の経済発展に大きく寄与していて、特に、グローバルな供給と需要の動向に敏感に反応し、その機会を最大限に活用していることが、ベトナムの米産業の成功の秘訣と言われています。

続きを読む →